暦の季節って今と少しずれているということですね? なんで早かったん…暦

正月その他、クリスマスや記念日などで祝うことに違和感があります。

正月その他、クリスマスや記念日などで祝うことに違和感があります。
昔の人が暦を決めただけですよね要するに正月などは赤の他人が今日は1年の始まりと決めただけの日です。
もっと言えば暦が違う国では正月ではありません。
どこの誰ともわからない人が決めたことに踊らされたくないのです。
こういう事を、先日実家で言っていたら父親から、昔からの伝統やと言われました。
明治の初期までは、今と暦が違いますので伝統に習うなら今年は2月16日が正月になります。
1日の単位は理解できます。
地球が1回転した時間です。
わかりやすいです。
1年という単位も簡単で地球が太陽を1周した時間でわかりやすいです。
ですが1時間や1秒という単位には理解不能です。
1日を24分割したのが1時間はわかります。
なぜ24分割?キリがいいとこで10分割でいいじゃんとなります。
これもどこの誰かが勝手に決めてまあ使い勝手が良かったからそうなったのだろうと思います。
なので昔そういったものを決めたものが違えば記念日などいくらでも変わるということです。
祭日もしかり、春分秋分の日はOKです。
昼夜の時間が同じと明確な理由があります。
なので今日が何々の日とか言われても は? となります。
自身の誕生日なのでもそう思います。
ですが、便宜上仕事や生活では、この暦や時間は使っています。
それに沿って行動しないと生活できませんからねわが子の誕生日なども祝ってやります。
そうしないとかわいそうですから誰か今日がなぜ2018年1月4日なのかわかるように説明できませんかちなみに明治初期までの暦なら今日は11月18日です。

あなたの主張はもっとも、というか、それは普通に「グレゴリウス暦のいい加減さ」として有名な部分です。
というか、そこまで認識したんなら、自分で調べてみちゃあいかがですか?興味があるんなら調べる、無いんなら従っとく、それくらい割り切らなきゃ生きていけないでしょう?「踊らされたくない」とまで思っているならば、これまで疑問に思いつつ、周りに当たるだけで(?)、ろくに調べもしなかった、愚図な自分を反省しないといけませんね。
まあ、「自分で調べなさい」と言うのが本当の親切かもですが、「知らない」と思われても嫌なので、書いておきます。
世界中に分散した文明が「暦」というものをそれぞれで発明したのか、技術が伝播したのかは微妙にわからないところがありますが、「暦法」はどの文明でも驚くほど似ていました。
今風に言えば、「太陰太陽暦」というものです。
まあ、これはある程度自明のことで、要するにどこでも「日周」「月周」「年周」という規則性があることには、すぐ気づきますね。
だから、「年月日」という概念がすぐ生まれたんです。
では、「新年」とは?これも、ほとんど、最初は一緒、要するに「春」=気温が寒から暖に変換する季節の、最初の月周の初日=新月の日=1月1日です。
「旧暦」は正にそのようになっています。
これは、「グレゴリウス暦」の元となった「ローマ」でも当初はそうだったんです。
ただ、難しかったのは、日周=1日を単位とすると、概数ですが、月周=29.5日、年周=365.25日で、いずれも「整数比」にならなかったので、各文明でそれぞれに「調整」を工夫したんです。
ところが、さすがにここまで来たら、各文明で方法はまちまちだったんですね。
これで困ったのが、文明間の交流によって、「暦の日」が合わなくなったことです。
東洋では、統一王朝が精密なルールを定めて、「毎年の暦」を決めることにしたんです。
日本では、当然ですが「朝廷」が定めるところとなり、後には江戸幕府と共同で、最後には地球の公転周期の歪みまで配慮して「暦」を決めていたんです。
対して、西洋は結構いい加減、というか、ある段階でもう「調整を止めて」カレンダーを固定しちゃったんです。
ただ、「1年12か月」「ひと月は30日ぐらい」「うるう年の調整は年末で」といった伝統はそのままにしたんですが、これがいい加減、まずは「政治上の都合」から「1年の期間」を「旧11月、12月、1月~10月」に変えちゃった上、名称上も7月、8月を「シーザーの月」「オクタビアヌスの月」と「皇帝の名前」(シーちゃんは違うけれどね)を付けちゃったんです。
さらに月の日数も、30と31日交互だったのを、「俺の月も31日にしろ!」となって、謎の順番となり、そのくせ、調整は元年末の2月でするというのは残っているんです。
なんちゅうか、呆れたテキトー野郎どもなんですよ!でも、「ローマ文明」が西洋文明の基礎となり、その野蛮人が19世紀に世界を占領しまくったから、それが「スタンダード」になっちゃったんです!さらに、19世紀、日本を占領した芋萩政権がこれに改暦、ご丁寧に「記念日は新暦でやれ」とまで命令してきたんです、田舎モンめらが!でも、日本全国が素直に右に倣えした訳でなく、「旧暦」でする行事も意外と多いし、有名なところでは「お盆」なんて、4種類くらいあります。
つまり、すでにそういう人は普通にいるんですよ、知らん人が知らないだけ。
さらに、この「テキトー暦」は西洋人でも気にするところで、人間の可能性と合理性を信望した「フランス革命」ではわざわざ「改暦」しています。
ただ、やはり「暦」は合理性より統一性なんで、しばらくして元に戻ってたりしますが、今でも西洋全般では、行事日などに「ユリウス暦」や「旧教会暦」なども使われています。
ちなみに、「グレゴリウス暦」はあまりにひどいので、「国際連盟」の時代に世界的な改暦が話し合われましたが、「第二次大戦」が始まって、失敗に終わっています。
現代でも「イスラム社会」なんかはこの暦を基本的に受け入れていませんが、「商慣行」などで仕方なく用いてはいます。
現代でも、世界中に改暦論者や、日本にも旧暦愛好家は多いですが、今、一番の問題は「コンピュータの内部時計」で、これがほぼ「グレゴリウス暦」で統一されているんで、最近では改暦は困難となっています。
さらに、何年前だったか、「時間」の基本は、変動する「天体運動」から「原子時計」に移ったのと、将来は、地球と太陽系の運動にこだわらない「宇宙暦」が必要になるだろうという観念から、もはや「改暦」はないだろうと言われています。
だから、そん中で、自分の信念で「記念日」を祝ってください。

中国の場合、正月休みは旧暦。都市部の工場に出てきた人たちが一斉に地元へ帰省するので、日本向けの商品を作っている会社もすべて2月に1週間程度の休みとなります。
韓国の場合は、誕生日は生まれた時が1歳。お正月に一斉に誕生日となります。
昔の日本もそうでしたが、当時はカレンダーのようなものを持っている家庭がほとんどない。
誕生した日を記録するものもない。記録したとしても、文字が読めない人が多かった。そのため、正月にあわせておいわいしていた。
戦争で負けた時に、西洋歴を取り入れるようになったけど、戦前生まれの人の中には、生年月日がはっきりわからないまま、高齢者として登録されていた人もありました。

世界中の休日は、それぞれの国家で決める約束となっています。
現状の日本の休日は、政府方針として決められています。
高度成長期は休日も少なく、土曜日も働いて当たり前。
休みは週に1回が通常。
その後、日本国家が豊かになるにつれて、休日を増やそうという動きになってきました。
海の日なんかは、
「7月にお休みがないけど、なんか休日作ろう。7月だったら何の日がいい?」
「7月だったら海の日かな?」
「昭和天皇が崩御したから、今の天皇の誕生日が天皇誕生日になる。昭和天皇の誕生日はなんか別の名前の休日にしようか。なにがいいかな?」
「昭和の日でいいんじゃない?」
そんな風に決められた休日もあります。
GWも、5月3日と5月5日やお休みでしたが、4日は休日ではありませんでした。そのため、連休になりにくい年もありました。
「欧米のようなバカンスは取りにくいけど、家族の時間を大切にするために、4日も休みにしよう。」
「じゃぁ、みどりの日で。」
豊橋市には、市民共通の緑化運動を行う日として、緑の日って、あったけど、国の判断が優先されました。
東京オリンピックの開会式の日(10月10日)が「体育の日」として登録されていました。10月10日に開会式を行ったのは、過去のデータからもっとも晴天になりやすい日を選んだそうです。
GWの4日がみどりの日となったのとほぼ同時に、連休を取りやすくするために、体育の日は第2月曜日に変更されました。
建国の日は日本の歴史の中で、神が海をかきまぜて、そのしずくが日本になったという伝説から。

つまり、日本の国家が、日本の政府方針に基づいて、休日を増やそうとして、連休を増やそうとして、それぞれに合わせて適当に休日の名前をつけているものもたくさんあるということです。

日本の法律でもおかしいものもあるかもしれませんが、その日取りによって国が動いています。
仕事だけではなく、家族の休暇も大切にしようという政府方針に対して、特別反抗する必要もないと思いますが。。。

時間の単位が24時間というのは、昔の文明文化の残ったもの。
当時の時間を考え出した人は、物量を均等に分けやすいように、12進数を使っていました。そうした素晴らしい文化をもっていたのに、日常、難しい計算をしない田舎の人たちが、人間の手が10本しかないから、数えやすいように10進数にしちゃいました。
むしろ、PCや電化製品の特長から考えれば、2進数や12進数のほうが使いやすいのですが、世界に広まった10進数を変更させるのが難しかったということです。

日本の旧暦と太陽暦の違い
旧暦は、太陽の動きではなく、月の動きで日付を決めていました。
旧暦のお正月は必ず新月から始まります。
太陽暦はエジプトで生まれました。
エジプト文明の中心地は砂漠です。
ナイル川の上流に大雨が降るようになると、ナイル川の水位が上昇。
砂漠に大量の水が供給されることで、大量の作物を収穫することができた。そればエジプト文明の発展へとつながりました。
上流で大雨が降る日は、決まっていました。
その日に合わせて、農業の準備をするため、洪水の日にあわせて暦を作った。これが太陽暦です。
太陽の動きにあわせて日付を区切るということは、気温の上昇、下降にもつながるので、四季を感じられる日本であればこそ、豊かな水があふれる島国だからこそ、日本の生活にあっているような気がします。

一年が12か月になっている理由
2月が短い理由
8本足のタコをオクトパスというのに、10月がオクトーバーの理由。

ギリシャの一年は当初10か月でした。
それがヨーロッパへ伝わり、ローマ帝国によって地中海沿岸に広められました。
2月は悪の月ということで、短く設定されました。
旧制ローマが帝国となり、王による支配が行われるようになりました。
ローマ帝国は暦を管理する部署が設立され、天文学、神学などの研究をしていました。
そのなかで、王の一人が自分の要望として、10か月ある1年の中にわたしの月を新たに作るよう命じたのです。
その名はJUNE
その次の代の王様も同様の要望を命じて
JULY
その二人の王のわがままによって、西洋歴は12か月へと変更され、8を表したオクトーバーは10月になってしまいました。

その後、ローマ帝国がキリスト教を認めたために、キリスト教国家のほとんどがローマ帝国の暦で管理するようになりました。
mが世界共通の長さを表すように統一されたように
10進数が世界共通の計算方法に統一され
当時のヨーロッパ中心の太陽暦が世界に広められ
戦後の日本はその統一数値、暦に基づいて
現在に至っています。

クリスマス記念日について
キリスト教では、クリスマスとは、家族で過ごす日です。
キリストが誕生した宗教上の大切な日ですから、家族そろって協会へ行くべき日。
子どもが異性とデートに行ったりすれば、親族から反感をかってしまいます。
日本ではなぜか、離れた彼氏彼女が出会うにだったり、好きな人や恋人にプレゼントを渡す日になっちゃってますね。
これは日本のデパートが売り上げを伸ばすために作り上げた戦略なんですがね。
クリスマスに赤いリボンで色付けするのは、アメリカのコカ・コーラが始めた戦略。
ヨーロッパへ行くと、赤い色はほとんど使われていません。サンタクロースの服も赤くないです。
これも、アメリカの文化が日本に伝わった結果、日本のクリスマスはコカ・コーラ色に染まるようになりました。>盆と正月は旧暦の夏至と冬至に基づいた根拠が有ります。
そんな事より世の中はもっと大事な事を変革すべきでは?>家を出るまでは、親に従いましょう。むやみに逆らうと、将来にさわります。>離人症というわけではないですよね。>

化物語のつばさキャットの質問です。

化物語のつばさキャットの質問です。
ブラックつばさが暦の位置を調節して影を作らせたってことは自分が忍にやられることを望んでいた。
ということでいいんですよね???

まあ、暦を殺そうとしたのは2回目ですし、前回のように影の中に忍がいるとは考えていたでしょうね。
ただ、実際に暦を囮にして忍を誘い出して自分が消滅しようが、忍が実は影の中にいなくて暦が死んでしまおうが、どっちでも良かったのです。
2度目のブラック羽川化は、戦場ヶ原ひたぎに暦を取られた嫉妬が引き金になったので、障り猫Ver.2は翼のストレスの元である暦を殺したいという気持ちと、羽川自身の暦を殺したくないという気持ち。
どっちの結果がでてもいいやという賭けに出たのです。

そう思ったのですが、そうすると《まよいキョンシー》では何故暦を殺したのかと疑問が残った

あっちの《さわり猫?羽川?》は元に戻りたいとは思わなかった?>その通りです。

猫化した翼の姿は彼女の中のわがままで自由にしたい気持ちが具現化した怪異ですが自我が全く無い訳ではなく、いつまでもこのままで居ても暦達に迷惑がかかることを理解していました。
欲求を満たした彼女は元に戻る事を決めますが、怪異の理由が理由なので普通に大人しくする選択はできませんでした。そこで彼女を止めることができる吸血鬼の力を使える状況に自らを置いて解決を促したんだと思います。>

暦の質問です。

暦の質問です。
日本の暦は、いつ頃から太陰太陽説が始まり、その前はどの様な暦だったのですか。
また、太陰太陽暦からグレリオ暦に変わったのはいつですか。

我が国の暦は、清和天皇の貞観三年(861)に中国の宣明暦を導入し使っていましたが、年数が経つにつれだんだん遅れが生じ、800年余りたった江戸時代初期の頃には、その遅れが2日にも及び、日月蝕の測定にも狂いが生じるようになっていました。
このため暦の改訂が必要になり、明朝の大統暦を用いようとする案が有力でしたが、五代将軍・綱吉は異議を唱え採用を不許可としたので 、幕府は貞享元年(1684)、幕府は暦数家・安井算哲を幕臣に登用して天文方とし、彼が考案した暦を採用して、823年ぶりに我が国の暦を改訂しました。
これが貞享暦と呼ばれる暦です。
太陰暦(貞享暦)は時代に応じて改訂されましたが、太陰暦は実際の季節と暦の季節が合わなくなってくる事が多く、たびたび閏月が置かれました。
そのために一年が13ヶ月になるのです。
例えば明治元年(1868)には四月が2度、明治三年に十月が2度もあり、しかも、すでに欧米では太陽暦を使っているのに、日本だけが違った暦を使っているのでは外国との交易が盛んになった明治の世には大変不便でした。
そこで政府は明治五年(1872)十二月二日限りで太陰暦を廃止し、翌日を明治六年(1873)正月一日としました。
私たちが使用している暦は、この時、定められたものです。

太陰太陽説→太陰太陽暦です。

欽明天皇の時代(500年代前半)に百済から暦博士を呼んできました。このころからきちんとした暦が始まったようです。
それ以前は不明ですが、ある程度の暦はあったようです。

グレリオ暦→グレゴリオ暦です。
明治6(1873)年からです。
明治5年12月3日を明治6年の1月1日とし、この日から太陰太陽暦(旧暦)を現在の太陽暦としました。>

急ぎの質問です!!!

急ぎの質問です!!!「邦暦」とは何ですか?「西暦」は1990年とかなので、「邦暦」は平成24年とかの事をいうのでしょうか?ご解答の方よろしくお願いします!!!

邦暦(ほうれき)は和暦(われき)ともいい、日本独自の紀年法です。
元号とそれに続く年によって年を表現します。
たとえば平成24年という表記です。
飛鳥時代の孝徳天皇によって645年に制定された「大化」の元号が邦暦(和暦)の始まりで、以来15世紀に渡って使われ続けています。

邦暦と和暦は同じ意味なので、おっしゃる通り、平成24年という表記方法で合っています。>

国語の参考書を読んでいたら、

国語の参考書を読んでいたら、「陰暦八月」という言葉が出ていました。
「陰暦」とはどういうものでしょうか?現在の暦とはどう違うのですか?どなたか、分かりやすく教えていただければ幸いです。

現在は太陽暦を使っています。
太陽暦は、太陽の周期を元に作られた暦です。
日本では明治6年から使用されています。
これに対して、明治6年より前は「太陰暦」が使われていました。
いわゆる「旧暦」と、私たちが呼ぶものです。
太陰暦は、月の満ち欠けによって作られた暦です。
ですから、太陽暦と太陰暦では同じ8月でも時期が異なります。
太陰暦では、現在の8月下旬?10月上旬頃が8月になります。

スマホ暦0年です、挑戦しようと買いました。
高齢であり取り扱いに不安があります。

スマホ暦0年です、挑戦しようと買いました。
高齢であり取り扱いに不安があります。
ケース・カバーを検討中ですが、手帳型で入れたまま操作できるいうのが有りますが、操作性はどうなのでしょうか?又、クリアケースなどありますが、どちらが良いでしょうか。
補足ストラップホールの有る物が必要です。

手帳型は、日常的に使っても操作に問題ないですよ。
傷が付くのが心配ないなら、クリアケースを使うとかですかね。

私も高齢ですが、歳を取るとどうも指先が乾燥してしまって
タッチパネル系は反応がすこぶる鈍くなりますので
タッチパネルに更に何かを被せるというのは、好かぬ方法であります。
購入する際は、必ずお店で、試してみてから買うことをお勧め致します。
スマホに吊るせるキーホルダー式タッチペンだとか
スマホ用手袋は、重宝します。>

神社暦で自分の九星が該当する日は

神社暦で自分の九星が該当する日は良い日と解釈していいのでしょうか?

九星が何に該当するのでしょうか?自分の九星と同じ日という事ですかね。
暦に書かれている九星が自分の本命であるという事は中宮に自分がいるという事です。
この日には自分が大将なので何となく自分中心に動く日ですが、逆に何か自分が慢心しやすくなっている、あるいはどうも周囲の視線が気になるとか、人の言葉がとげとげしく感じる状況にあるという事です。
なので必ずしも好い日というわけじゃありません。
全ては吉凶が同じくすると考えてください。

ありがとうございます。暦に自分の九星がある日はまずは慢心せずにいることを心掛けてみます。>

暦の十二建吉凶や二十八宿吉凶などを見てみると『衣類裁ち』という言葉が出てくる…

暦の十二建吉凶や二十八宿吉凶などを見てみると『衣類裁ち』という言葉が出てくるのですが『衣類裁ち』とはどの様なことからどの様なものまでの事をいうのでしょうか?糸を切ること、布を裁つこと、すでに服やズボン等に作られている物を切ったりすること等の『切ること』のことなのか元々裁断した物を縫い付けたり、編んだり、ほつれやたり壊れてしまった所を直したり等の布関係のものを『切る以外の作業』も含むのか(多少切る作業もありますが…)手芸で糸や布関係を使用するのに少し気になってしまったのでできれば具体的な所まで教えて頂きたいです。
宜しくお願い致しますm( _ _*)m

「裁衣」とは「着る物を新しく作る」ということです。
「修繕」などはこの裁衣占には含まれません。
あくまでも着衣を新調し始めることを指します。

暦物語のラスト アララギ君はどうやって現世に帰ってきたのでしょうか?

暦物語のラスト アララギ君はどうやって現世に帰ってきたのでしょうか?

ネタバレになりますが終物語・下にて、「妖刀・夢渡り」を使用して生き返ります

暦の季節って今と少しずれているということですね?

暦の季節って今と少しずれているということですね?なんで早かったんですか季節が変わるのが?

農耕民族だったので、早めに農作業の準備をするためだと思います。
植える時期を逃してしまうと、農作物はうまく育ちません。
日本の文化は、季節の先取をよしとする風潮があります。
それも、農耕の文化と深くかかわっていると思います。
出遅れる人たちは淘汰されてきたかもしれませんね。

カテゴリー: