ニコ動でやっている「おうぎフォーミュラ」を見ましたが、忍野扇はな…暦

暦の上ではディセンバー ってどおいう意味ですか?

暦の上ではディセンバー ってどおいう意味ですか?

今日サイトで配信されましたよ。
歌詞をみると12月、クリスマス、年末年始だけど過去の自分は過去のもの。
今は自分の夢を追い続けるのにクリスマスや年末年始関係なく奈落から落ちていかないで這い上がって行こうという思いの歌詞でしょう。
ここ数日、挿入歌もこのタイミングで流れてましたよ。
今までの朝ドラをしっかり見ているとわかってきますよ(^^)

カレンダー上で今は12月だけど、私の中では違うよってこと??でしょうか?>

天測暦や天測計算表の使い方が分かりません。

天測暦や天測計算表の使い方が分かりません。
海技士4級(航海)の筆記を受験するのですが、初心者でも理解できるようなサイトがあったら教えて下さい。

はじめまして。
海技試験の講義や補講活動を行っている者です。
天測暦や、天則計算表は、大変専門的な書誌ですので、難しいですよね?でも、使い方が理解できれば、簡単です( ?ω? )宜しければ、まずは天測暦について、私が作成したこちらの動画を見て頂けますでしょうか??https://m.youtube.com/watch?t=2s&v=asSEW-My6Fk

前回に続き、回答ありがとうございます。
動画拝見しました。すごいわかりやすかったです。
ぜひとも講義をお願いしたいのですが、どうすればいいでしょうか。
>

ゴルフのレッスンプロについて

ゴルフのレッスンプロについてゴルフ暦3年目で今年の平均が104のサラリーマンゴルファーです。
100切ることは4回に1回くらいありますが、110くらい叩くこともあります。
今まで自分流で雑誌やネットの動画を見て練習してきたのですが、限界を感じ、本格的にゴルフを上達するにはレッスンプロに習うのが一番だろうと、思い色々と調べました。
調べたところ、レッスンプロでも人によってかなり違うようで、中にはできるだけ長期間レッスンを受けてほしいからと、レッスンの日だけ気持ちよく帰ってもらえるようなレッスンをするプロもいると知りました。
自分としては、そういうプロではなく、基本から自分の体型などに合ったスイングを教えてくれるプロに教わりたいと思うのですが、やっぱり手当たり次第に申し込んでみるしかないのでしょうか?本を出しているような有名なレッスンプロは、東京などの都心にスタジオを持っているようで、群馬在住の自分としては、そこまで受けに行くのは難しいです。
また、現在32歳ですが、アベレージ80台にはなりたいとは思っています。
現在、今年の9月より本格的にやろうと、週2日の練習と月4回のラウンドをしています。
(それまでは月1ラウンド、週1の練習くらいでした)センスもあるかとは思いますが、レッスンプロの上手な選び方みたいなものがあれば、少しでも情報をいただけたらと思います。

確かに地方の方は有名なレッスンプロに会うのは不利ですけど、彼ら(都内のスタジオプロ)に習うより100倍上達してレッスンフィーも格段に安い環境にあなたはいると思いますよ。
おすすめ順に書きます。
1、地元で所属プロがいてメンバーにレッスンしている倶楽部のメンバーになる。
昔ツアーに出ていたシニアがいい。
その人を師匠としてレッスンを受ける。
2、練習場ではなくコースでレッスンをしているフリーのレッスンプロをネットで探す。
3、地元の練習場で 練習場だけでなくコースでラウンドレッスンを頻繁に行っているプロに師事する。
ポイントはコースで教えてくれるレッスンを選択することです。
それとショートゲームをしっかり指導してくれる師匠を選ぶこと。
パターとアプローチ、バンカーを多く指導するレッスンは本物です。
バンカーやアプローチにショットのエキスが詰まっているので逆にフルショットの練習を中心に指導するプロは上手くなりません。
教えているプロも「こんなんじゃ上達は時間かかるな。
」と内心思ってます。
生徒さんが長いクラブでフルショットをしたがるのでそれにあわせる先生ですね。
それと練習ドリルを教えてくれる先生がいいです。
左肩が上がるのを直すのに意識では無理なのでこういうドリルで練習しなさいとか最後にですけ>基本から体形に合わせた指導基本はみな一緒です。
体形や性別や運動神経は関係ないです。

ゴルフ歴が3年目で平均スコアが104回。ほぼ普通の上達だと思います。
私の経験からアドバイスさせていただくとすると、やはりプロのレッスンは受けるべきです。うわさでは長く教えるために上達を遅らせるなどと、聞いたことはありますが出会ったことはありません。
皆さん丁寧に教えてくれます。表現方法は違いますが納得いくレッスンです。そして上級者を目指すのであれば、レッスンに期限などありません。週1回のレッスンやコースレッスン、合宿などと様々用意されています。
もちろん自主練習は欠かせません。
結局は人間同士のやりとりですから、合う合わないなどと、性格的なものも大きな関わりがあると思います。
あまり遠くではないところで、良いプロを探した方がよいと思います。
競技思考のゴルファーが集っているレッスンも多いです。皆さん70台でラウンドしますが、更なる上達を目指して頑張っていますし、そこで知りあった方たちと、ラウンドを楽しんだり、飲みに行ったりしています。
人の情報より自分で飛び込んでいくことをお勧めします。
ゴルフは人生そのものですから>大学のゴルフ部にいたプロがいいですよ。
オーソドックスですので。>絶対に教わってはいけないプロ。
レッスン中に椅子に座る人。
ボールを足で扱う人。
タメ口の人。
これに該当しなければ、たぶん大丈夫と思います。>実は・・・質問者さまと同じような体型のプロに教わるのが良いです。
身体の使い方とかが同じような感じになるので
理解しやすいのと教える方も教えやすいはずです。
教え方の合う合わないは実際に教わってみるしかないので
ワンポイントアドバイスなどがあれば受けてみるのは手ですね。>まず自分がどのタイプか知ることです。4スタンス理論にもとずいて練習するといいでしょう。>

今、学校でバリの暦について調べています。

今、学校でバリの暦について調べています。
その中のサカ暦についてがよくわかりません。
サカ暦について知っていることがあれば教えてください。
(>_<)

サカ暦はバリ島で古くから使われている暦で、新月(月例1日)から暗月(月の出ない日・月齢30日)を1月とした太陰暦で、インドのサカ暦がルーツではないかと、言われています。
太陰暦といっても、イスラムのヒジュラ暦のような完全な太陰暦ではなく、数年に一度、閏月を設けることにより太陽暦との誤差を修正する太陽太陰暦です。
サカ暦では、月のことをサシー(Sasih)といい、1年には12のサシーがありますが、サカ暦の1番目の月(サシー・カサ)は西暦の1月ではなく、6月ごろから始まります。
また、10番目の月(サシー・カダサ)の1日目がニュピの日となります。
現在、バリ島にはサカ暦のほかに210日周期のウク暦があり、多くの祭礼やお寺のお祭りはウク暦に沿って行われています。
バリ島のお盆ともいわれるガルンガン、クニンガンのお祭りも、ウク暦にそって行われています。
しかし、ニュピやシラワトリィという祭礼はサカ暦に沿って行われておりますし、プラタナンサシー寺院やティルタエンプル寺院、そしてブサキ寺院などはサカ暦に沿ってお祭りがおこなわれています。
また、トゥガナン村やトルニャン村といったいわゆるバリアガの村ではウク暦ではなく、サカ暦が使われています。
このことにより、古代バリ島では暦はずっとサカ暦が使われてきており、その後バリ島に伝来したジャワヒンドゥーの暦がウク暦であったと推測されます。
サカ暦は、太陽太陰暦ですので、サシーの季節は変わりません。
以下、12のサシーとその季節を列挙しておきます。
Sasih Kasa第一の月・西暦の6~7月ごろ・寒くなり始める月Sasih Karo第二の月・西暦の7~8月ごろ・もっとも寒い月・火葬式が良く行われるSasih Kating第三の月・西暦の8~9月ごろ・空気が乾燥して風が強くなる・凧上げに最適な月Sasih Kapat第四の月・西暦の9~10月ごろ・花が咲く時期Sasih Kalima第五の月・西暦の10~11月ごろ・気候は涼しく、ランプータン、マンゴがおいしい季節Sasih Kanam第六の月・西暦の11~12月ごろ・雨が降り始め暑くなる月Sasih Kapitu第七の月・西暦の12~1月ごろ・本格的な雨季に入る月Sasih Kaulu第八の月・西暦の1~2月ごろ・強風を伴う雨が降る月Sasih Kasanga第九の月・西暦の2~3月ごろ・強風を伴う大雨が降る月Sasih Kadasa第十の月・西暦の3~4月ごろ・稲の収穫に良い時期・ニュピの祭礼がある月Sasih Jiyestha または Sasih Desta第十一の月・西暦の4~5月ごろ・雨季が終わる月・田植えの季節Sasih Sadha第十二の月・西暦の5~6月ごろ・乾期に入る月・田植えの季節Sasih Mala Sadha第十三の月・西暦の6~7月ごろ・数年に一度入る閏月

月の節入り日が書かれた万年暦を探しています。

月の節入り日が書かれた万年暦を探しています。
知りたいのは月々の節入り日だけなので、あまり多くの情報が載った高い万年暦ではなく、手軽なものを探しています。
印刷するもの、ダウンロードするもの、冊子、なんでも構いません。
四柱推命のソフトなどでは節入り日が表示されるものもあり、そういったものでも構わないのですが、蔵干や通変など余計な情報がないものを探しています。
また、サイト上にて公開されているのもありましたが、それは1年ずつのリンクであったり、都度知りたい年月を入力して表示するもので、希望するのは、だいたい昭和~現在までの年毎の月の節入り日が一目で見られる表のようなものです。
ややこしい希望ですが、どなたかご存知であればお願いします。

10年単位のものがありましので、ご紹介します。
スクロールして、節入り日時刻一覧表でどうぞ。
○月中を除いた、○月節のところをご覧ください。
http://www.moonlabo.com/cgi-bin/cln/cln_clm.cgi?OpDv=uephixただ、万年暦等では節入りの時刻は国立天文台のものに比べてわずかな誤差が出ることがあり得ます。
節入り時刻が0時01分となっていたら、他の万年暦では前日の23時59分と記載されている場合もあり得ます。
←節入り日が各社によって異なりうるのです。
また、占い師さんによっては中国の万年暦を使用なさる方がありますが、日本と中国では天文台発表の立春の時刻は1時間異なります。
日の境目に近い時刻の場合は昭和30年~来年までのものしかありませんが、より正確にということであれば国立天文台の暦要項で調べなおせます。
他にも、1年単位ではありますが比較的調べやすいサイトをご紹介しておきます。
http://eco.mtk.nao.ac.jp/koyomi/http://koyomi.vis.ne.jp/ 二十四節気計算二十四節気計算で1926年(昭和元年)を指定したら、▼で年を変更し、計算実行で比較的スムーズにデータを読み取れるでしょう。
二十四節気計算では時刻を四捨五入していますが、上の説明にある通り時刻は分単位まで出すことは可能で、こちらのサイトの計算精度は結構高いのではないかと思われます。
(国立天文台の発表時刻に比べて)—-追記こよみのページの二十四節気計算は2つの日時を書いてありますが、定気法・左の欄の日時を見てください。
その横の恒気法というのは現在旧暦とされる天保暦以前の暦において使われた方法なので、今の節入り日とは異なります。
—再追記http://www.aiteikan.com/fo/setsuiri.htmこういうものがありました。
一応一番初めに付けたリンクで1940~1980年ぐらいの0時台はじめ~23時台おわり頃になる日を簡単にチェックして、この表との日付を比べてみましたが、4つほどチェックした日の境目に近い時刻で節入りを迎える日は両方同じでした。
これをワードなど(エクセル)にコピーで移し替えて、それ以前・以後のものについては、二十四節気計算等からワード・エクセルに日を打ち込んで、あなたが表を拡大させれば良いかと思います。

現在使われている暦で、1月1日はどのように決められたのですか。
太陰暦なら、月…

現在使われている暦で、1月1日はどのように決められたのですか。
太陰暦なら、月の朔を1日とするなどがあると思いますが、太陽暦ではどのように決まったのですか。

現在使われている暦はグレゴリオ暦というもので、1582年、当時のユリウス暦を改良して、ユリウス暦の1582年10月5日をグレゴリオ暦の1582年10月15日として採用されたものです。
この改暦の目的は、「春分」が3月21日になるようにすることであり、この結果として、グレゴリオ暦では「冬至」が12月22日頃となり、「冬至」の約10日後が1月1日となりました。
なお、古代のローマの暦は太陰暦や太陰太陽暦の一種であり、これを太陽暦に改めたのがユリウス・カエサルで、ユリウス・カエサルは、紀元前46年の冬至の直後の新月(朔)の日を紀元前45年の1月1日として、太陽暦=ユリウス暦を採用しました。
この結果、当初のユリウス暦では、「冬至」が12月24日頃、「春分」が3月24日頃、となっていました。
このユリウス暦ですが、太陽が次に同じ位置になる周期 約365.242194日に合わせるために、4年に1回を閏年としましたが、単純に4年に1回、100年に25回、400年に100回を閏年としていたため、100年で約1日ずつ実際の季節とズレがでてきて、西暦325年頃には、「春分」は3月21日頃となっていました。
キリスト教では、復活祭を「春分の日の後の最初の満月の次の日曜日」としていますが、当時のニカイア公会議で、春分の日を暦の上で3月21日と決めてしまいました。
しかし、ユリウス暦では100年で約1日、400年で約3日ずつ実際の季節とズレがでるため、西暦1582年頃には、実際の「春分」は3月11日頃となっていました。
そのため、ユリウス暦を改良して、閏年を100年に約24回、400年に97回として、「春分」が3月21日になるように日付を10日ずらしました。
これが現在のグレゴリオ暦であり、現在の1月1日が「冬至」の約10日後なのは、「春分」が3月21日になるようにした結果ですね。
1月1日はなぜ冬至の約10日後になったのか?http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n139722

暦の上ではディセンバーは、どういう意味合いで付けられた歌詞なのでしょうか?

暦の上ではディセンバーは、どういう意味合いで付けられた歌詞なのでしょうか?そもそも何月を歌っているのだろ・・・補足なんで「では」と付いている意味を一番知りたいのです。
わかる方、よろしくお願いします。

歌詞をじっくり読んでみましたが、あんまり深く考えない方がいいのかと思います。
まあ、でも、僕なりの見解を。
「暦の上ではもう立冬ですが、まだまだ寒くなる気配がありませんねぇ」なんていう言い方は聞いたことがあると思いますが、そういうことなんじゃないでしょうか?恋愛に精いっぱい過ぎて、気持ちがホットなままなので、暦の上では12月なのに、まだまだ寒さを感じる気分じゃないの。
ついでに言うと、師走の忙しさも感じてる場合じゃないの、もっと恋愛に忙しいから。
ってことではないでしょうか。
気に入ってくれたら幸いです。
正解かどうかは知りませんが。

EARTH WIND&FIREの曲で「September」という、彼らの代表的な作品があります。日本でも有名な曲で、たまーにテレビから流れてきたりします。
その歌詞のなかで(Now December~)と、あります。
つまり今は12月で9月のことを思い出してるだか何だかみたいな。
全訳を知らないので、定かではありませんが。
曲の頭は(Do you remember~)から始まります。

涙目セプテンバー、からの、暦の上ではディセンバーですから。

私はEarth~の「September」を思い出しました。

まさに質問者様が気にされている「では」が付いていて、それにひっかかったからです。

では何故にEarth~の曲から引っ張ってくる必要があるのか?ですが、これといって理由も無さそうなので(笑)、それ以上は深く考えたことがありません。

ですので、あくまで私の直感止まりの話ですが、「では」が付くのはそういうことかなと。思っています。>暦の上では12月で寒いはずなのに、ハートはサバイバーで熱いってことですかね?(笑)>文字通り12月の歌ですよ。
http://www1.nhk.or.jp/amachan/special/amj/3rd.html
ここでフルの歌詞が見れます。>

ニコ動でやっている「おうぎフォーミュラ」を見ましたが、忍野扇はなんで暦をあの…

ニコ動でやっている「おうぎフォーミュラ」を見ましたが、忍野扇はなんで暦をあの教室へ誘い込んだんですか?

原作では15冊目になる「終物語 上」第1話おうぎフォーミュラ ですが、転校したての女の子が学校中を調査して回った、という不可思議な行動は前振りがあって、14冊目「暦物語」でふたりの少女が直江津高校に入学した時点で、校舎や校庭を調査して回ったことを暦は知っています。
扇ちゃんが言う「私は何も知りませんよ。
あなたが知っているんです、阿良々木先輩。
」というのは、そのまんまストレートな返しです。
忍野扇というのは、阿良々木暦の記憶の底にある”過ち”を攻撃するために存在するのです。
あとはアニメで謎が明かされるのを待つか、原作をお読みください。

もうちょっと教えてください。
では、やはりあの教室を作ったのは扇だったのですね。
彼女も怪異なのですね。>それを説明するとまだアニメ化されてない終物語下巻のネタバレになっちゃいますよ。>

カテゴリー: