明日は暦どおりお休みですか?o(^ ^)o それともお仕事ですか?(>_<) …暦

バイクの工具選びで悩んでいます。

バイクの工具選びで悩んでいます。
メガネレンチとラチェットハンドル(3/8)等で使うソケットが決められません。
オススメの工具を教えて頂けませんでしょうか。
98年式SR400(カスタム無し)のメンテナンスが目的です。
※SR400以外(車等)での使用は全く考えていません。
メガネレンチに関して?必要なサイズ(8-10mm、10-12mm、12-14mm、17-19mm等)?オフセットの角度(無し、10°、15°、30°、45°、75°等)?長さSTAHLWILLEかHAZETの感じが好みです。
ソケットに関してセットでなくバラで8、1012141719mmあたりの購入を考えており、予算よりも使い勝手や安全性を重視しております。
その上でなるべく購入数を減らし、コンパクトにおさめたいとも思っています。
?ソケットの深さ(ショート、セミディープ、ディープ)?6角か12角か??ナットグリップソケットがあれば便利な箇所のサイズ、ソケットの深さ?経験豊富な方のご意見を参考に、上記3点の快適性とコンパクトさを両立したベストな組み合わせを模索したいと思っています。
備考バイクメンテナンスは全くの素人です。
現在ある工具で用途の近い物はwera 810121417mm ラチェットコンビレンチKo-ken T型スライディングスピンハンドルMACTOOLS 3/8"Dr.ミニラチェットSIGNET3/8"sq フレックススタビーラチェットハンドルソケットはインチサイズの物はありますが、ミリサイズは一つもありません。
よろしくお願い致します!補足誤解された方申し訳ございません!ブランドの拘りは無く、安く済めば幸いですが愛車のため安く済まなくても良いという事です。
スタビレやハゼットの例はスナップオンやネプロスのピカメッキより梨地が好みという意味で堅牢で高効率、使いやすければどんな安物でもいいのです。
そういった情報を書いて下さった方本当にありがとうございました!現在沢山の道具を使う仕事をしており、安かろう悪かろうは高くつき、時間、信用、修理or捨てる手間と大きなデメリットをよく認識しています。
(使い捨て文化が大嫌いで一度手にした物は極力修理です)使うかもしれない物=不要な物→捨てた方がよい物 という考えです。
本題はSR(1JR)限定で必要、不要な物のサイズ等の情報で、ベテランやプロのご経験から不要工具、一石二鳥工具のアドバイスを求めています。
あくまで例ですが、下記の様なご意見が一つでもあれば最高なのです。
例)+ドラは2番のみでOK(13貫通は当面不要)例)現状セットで、8mmメガネは不要。
必須ではないが14からあれば効率的。
17は必須。
例)ソケット8、10mmはシォートとセミ、ナットグリのディーブの組み合わせで全てクリア等大変虫の良い質問で恐縮です。
チップは少し多めにしてあります。
どうかよろしくお願い致します!

バイク暦が28年になり、工具も色々買ってきました。
一番安く無駄がないのは、自分で行う作業を最小限にして、それ以外はバイク屋に任せる事です。
しかし自分で作業したいよね。
私が持っている工具の中では、KTCのフレックスコンビがオススメです。
http://ktc.jp/catalog/html/fbs-10~19.phpKTCじゃなくっても、スナップオンとかでもありますけど値段が高いですし、KTCのほうが仕上げがお好みに近いと思います。
これの8ミリから17ミリくらいまで持っておけば、暫くソケットレンチはいらないですね。
ハゼットやスタビレーで出ているかどうかは知らないですけど、あれば好みのやつを買ったほうが良いです。
19ミリ以上はスパナよりボックスレンチ=メガネですね。
これはある程度安いもので大丈夫なんです。
大きいネジは簡単にはナメませんから。
小さいネジほど、良い工具が必要です。
SRでしたらアクスルを緩めるのは27ミリくらいでしょうか。
アクスルナットって結構大きいですよね。
あれをナメる事は少ないです。
あと、細かいところの調整用に8~12ミリくらいまでのスパナ、あるいはコンビネーション。
これ、私はトヨタ純正工具を使ってます。
クラウンの車載工具などに入ってた奴で、KTCが作ってる奴です。
で、勧めるとしたら、6・8・10のコンビネーションをオススメです。
キャブレター分解などに6ミリを使いますし。
私だけかもしれませんが、ラチェットって早くないんですよ。
カリカリいってるときはネジが回ってない訳です。
なのでソケットは、最初のうちは不要です。
それにラチェットが入らない場所のほうが多いと思うんですね。
買うとすれば板ラチェットのほうが使い勝手はいいです。
結局、雰囲気的に欲しいから買うんですけど、買うとすればプロクソンのソケットでショートとディープの中間くらいのやつがあります。
それオススメですけどね。
私はKTCの6角を使ってます。
そのほうがネジをなめにくいです。
ラチェットハンドルもあるけど、電動ドライバーで使えるようにしとくほうが良いですね。
むしろよく使うのはペンチ、ラジオペンチやプライヤー、です。
チャネルロックがいいと言いますけど、実際に使いやすいのはホムセンで300円ほどのやつです。
ニッパやワイヤーカッターなど、刃物のついた工具はしっかりしたのが良いですね。
ニッパはピアノ線を切れる奴をおすすめします。

取り敢えずホームセンターの2000円位で50P入ってる安物で十分。
しょぼいしすぐ壊れるけど、壊れたら良い物と交換していけば良いです。
ずっと使っていると必然的によく使う工具は良い物になり、いつ使うかわからんような工具は取り敢えず持ってる状態になります。

工具は必要に応じて増えていきます。
勿論KTCなどの工具セットを買えるならその方が良いですけどね。
セットで買うと使わない工具まで高い金出すことになります。>8mmソケットは5/16インチ(7.938mm)ソケットで代用できます。
19mmソケットは3/4インチ(19.05mm)ソケットで代用できます。>工具は使う所に合わせて使うものです。緊急を要さなければ、必要な時にその都度そろえて行けば必要工具は必然と決まってきます。

あらかじめ用意したいという事は、ある程度の緊急時にも対応したいのでしょうか?だとしたら、基本セット物は最低限欲しい所です。

例えば、普段ディープソケットを使って事足りる事でも、とある場所はショートのソケットでないと入らないとか、12角のソケットでないと回せないとか、一箇所だけストレートレンチで無いと入らないとか。
最小限に抑えたい気持ちはわかりますが、こればかりは人によっても違います。
私なんかは、携帯用工具でも多目です(安全重視)。他の方は、少ない工具で現地調達、現地加工とかしてしまう方もおられます。

私も工具は結構持ってる方ですが、無駄な工具は無いですよ。頻度が多いか少ないかくらいで←結局はここです。
一箇所、どうしてもその工具が無いと作業出来ないって物は、どのバイクや車にも必ずありますからね。

——————————————————————-

個人的にはブレーキエア抜き用のメガネがあれば、14までのメガネは不要。スパナも8-10、10-12、12-14さえあれば良い(10はスパナの中では頻繁に使うので2本あっても良い)。小さいものはソケットで。それもディープ(もちろん6角で)。
エクステンションは各種必要。

大きいもの(17以上)はメガネで、ロングストレートの方が使いやすい。
+ドライバーは2番は絶対必要、どうせなら貫通で。貫通以外なら、先だけ交換できる物がお勧め。
それと-ドライバーは細長い物(キャブドライバー)が1本あると色々使える。

小さい物ほど高くても精度の良い工具でないと、後悔します(なめやすいから)。

これだけでは全然足りませんけど、思いついた物だけ。>自分はバイクは異なりカワサキの旧車ばかり乗ってて、その整備に使う工具のことになります

トルクレンチ(ラチェット(3/8))、コンビレンチセット、メガネとのコンビレンチセットはKTCを持ってます(メガネのオフセットのコンビも幾つかあります)

ラチェットとソケットはホームセンターで売ってるものを購入しました

ソケットは、ディープ、ミリとインチどちらも使えるものなど色々とありますよ

余程の高トルク(固着したネジ)などに使用する目的でなく、普段の整備なら何ら問題ありません

自分の言ってる高トルクというのは、ボルトやナットを舐める程強い力という意味です(普通そこまでのトルクは必要ないでしょう)

だから整備一般では、何ら問題無いと思います

どうしてもメーカーで信頼性を選ぶのでしたら、今時は殆どのホームセンターでもKTCを扱ってます

自分はJISマークが付いてればいいと思ってます

普段整備のために脱着が頻繁なパーツなどはボルトをそんなに高トルクでは締め込まないので、その程度の場所は100均のレンチも使います

舐めるようなことはまずありません(まあ、締め付けトルクや使い方にもよるでしょうけど)

自分の使い方では何ら問題ありません

後は必要な時に買い足して行きました

だから殆ど使わない工具も多数あります

奥まった場所用に、ドライバーのように握り手があるソケットも便利です

T型の握り手もあるでしょうが、自分は前者の方が使いやすいです>毎日使う整備士なら外国製の高価なものでもいいですが、休日のみならSIGNETで十分すぐるくらいです。価格も工具の中では中の下くらいの設定ですし、セットで揃えたら見栄えがいいです。自分はソケットは6角一択です。対象物に掛かる力が12角に比べていいです。あとセミディープはおそらく使う機会少ないと思うので、その予算をエクステンションにまわしたほうがいいと思います。
ドライバー +-2,3番必要です メーカーはPB
ソケット ロング、ショート(セミいらない)8,10,12,14,17,19,22,24 メーカーはコーケン
六角レンチ セット メーカーPB
メガネ ソケットと同等 メーカーはKTC45°一応梨地です
プライヤ、ラジペン、ニッパー、メーカーはクニペックス
ラチェット ファコムかコーケン一応、最低限の工具で長く使えるであろう物をお勧めしました。SRに使われているボルトの規格は知りません。おそらく足廻りは1/2の工具が必要だとおもいますし、都度必要な物は絶対でてきます。あとは現車確認して揃えてください。これだけでも6,7万いくかもしれないです。だからセットで買うほうがいいです。>

車の修復暦について質問です。

車の修復暦について質問です。
「修復箇所は後ろになります。
バックパネルを交換ではなくセンター部分を修正しております。
押された為にトランクフロアーに歪がより修復歴有りに…」これはどういう意味なんでしょう?

なかなかお買い得っぽい修復車ですね。
嫌な顔しつつ値引きでも狙ってください。
バック(リヤ)パネルというのは車体後部の面構成をしている垂直パネルで、トランクのストライカが付いている部分と思っとけばいいです。
(下図赤枠)トランク底面で水平面を構成しているトランク(リヤ)フロア、側面垂直面のクォーターパネル(リヤフェンダー)にスポット溶接で接続され、モノコック構造を構成しています。
骨格部品なんで手が入れば修復車扱い。
衝撃吸収の最前線部分ですから結構簡単に交換に至る部品で、これが鈑金で済んでいるなら大したことないです。
フロア修正もごくわずかでしょう。
リヤ部分というのは元々がらんどうで影響出にくいですし、リヤサスのタワー部やルーフに波及が及んでいなければ機能面で問題はありません。
気にするとしたらトランク(ハッチバックならバックドア)の水密ですが、開け閉めしてみて気密が感じられるかチェックしてください。

修復歴有り車は
下の図の色のついたところを
交換、修正をすれば「修復歴有り車」になり

ボンネット1枚
ドア1枚
バンパー1個、交換、塗装は「修復歴有り車」ではありません

オレンジ色の四角を「センター部分を修正」
青色の四角を「トランクフロアー修正」しているのでしょう

後部なので、エンジンには支障がないと思いますが

長く乗ると
サスペンション
異音
タイヤ片ベリ
水漏れなどが起こる場合がある可能性があります>交換出来ないでフレーム等で修正したら修復歴有りになります。ドア トランク ボンネット フロントフェンダー バンパー交換出来る物は修復歴は記載義務はないです。仮にリヤーフェンダーは簡単に交換出来ない溶接等で切断し交換は修復歴有りになります。>後ろから押されたのでトランク周りに歪みが生じてフレーム修正機で修理したので修復歴あり って事です。 交換まではしていないよってアピールかな?>

太陽歴はどんな暦ですか?

太陽歴はどんな暦ですか?

地球が太陽の周りを回る周期(太陽年)を基にして作られた暦(暦法)のことです。
1年の日数を1太陽年に近似させています。
世界で多くの地域で使用されているグレゴリオ暦は、太陽暦の1つです。

今のカレンダーじゃねえの?>

カテゴリー: