暦物語の最終話そのすぐあとになる終物語の下はいつアニメ化するんで…暦

いま日本で取り入れられてる暦って

いま日本で取り入れられてる暦って太陽暦ですか?

グレゴリウス暦という太陽暦です。
4で割り切れる年を閏年としますが、100で割り切れて400で割り切れいない年は閏年にしないというルールです。
2000年は100でも400でも割り切れますから閏年でしたが、2100年は100で割り切れますが400で割り切れませんから閏年ではありません。
単純に4で割り切れる年を閏年とするのは、ユリウス暦といい1582年に今のグレゴリウス暦になりました。

旧暦は太陰太陽暦といって、日付は新月を1日とした月の満ち欠けで決めます。
そのままでは、一月が夏になったりして季節がずれますから、時々閏月というのを入れて一年13ヶ月にして調整します。

日本は明治6年(西暦1873年)にグレゴリウス暦にしました。
この年は閏月がありましたから、公務員の給料を13回払わないといけない。
それを避けるためもあっての改暦です。
>法的には 明治5年の太政官布告により「太陽暦」を採用すると書かれています。グレゴリオ暦を採用するとは書かれていません!

ただし当時の常識として 太陽暦=グレゴリオ暦 であったため暦の記法はグレゴリオ暦を採用しましたが西暦を完全採用したわけではありません。その証拠に「明治」「大正」「昭和」「平成」という元号を正式に使用することを決めています。
完全西暦なら平成26年などと使わず2014年とすればいいのです。>

ゴルフ暦が、長い方へ質問です。

ゴルフ暦が、長い方へ質問です。
私は今までゴルフをしたことがないし、ニュースのダイジェスト以外では、TVでゴルフを見たことがないですが、興味があって質問をします。
今まで何度がゴルフを題材にした漫画で(あした天気になあれ等)、「逆打ち」というのをみましたが、実際において逆打ちを使う場面って多いでしょうか?「今まで逆打ちなんか、したことがない」って、プレーヤーの方が多いのでしょうか?重ねますが、ゴルフ暦が長い方への質問です。

学生時代から歴50年のシングル爺々です。
結論から言えば50年で2回しかやっていません。
それもプライベートでラウンドしていた時です。
右で打てない状態は3%位しかないと思っています。
ましてやアンプレアブルという救済処置があり1打足せば右で打てる状態に99%なります。
(救済措置はルール参照)逆打ちをして次のショットがベストポジションに行くかどうかのリスクより救済処置(アンプレアブル)を宣言し、今自分のいる状態から早く抜け出し気持ちの切り替えをして出来る限りのプレーをする事、次に悪いイメージを引きずらない事です。
ゴルフは非常にメンタルな(自分が相手の)スポーツです。
この1打でその日のスコアがひどいもの(あの1打がなかったら・・)にならないよう私はいつも考えてプレーしています。
エンジョイ・ゴルフ!

ゴルフは、打数の少なさを競う競技ですからプレーヤーは、ショットの正確性の確率の優先しますので、一般のアマチュアゴルファーなら通常の構えが取れない状況の場合は、アンプレアブル(1打罰)を申告して、通常の構えが可能な地点へ戻ってプレーすることでしょう。
なので逆打ちに遭遇する機会は、滅多にないと思います。
斯く言う私は、左利きの右打ちであり、平均90打くらいの遊びゴルフですから木の根元に球が止まってしまったら迷わず7Iのトゥーを下に向けて左構えで打ってしまいます。
ほとんどの場合で70~100Y前方にリカバリーが叶いプチ自慢です。
野球をするときは左打ちの関係もあり、ゴルフの練習の素振りをする際も体のバランスを保つことを狙い、30回振る内の20回を右構え、10回を左構えで振る様に心掛けています。>若いエンジョイゴルファーはよくやりますよ。
下手な人ほどそんな場面は多いです。

競技とかスコアに拘っている人はやりませんが、
若いエンジョイゴルファーは楽しんでやります。

私も若い時はやりましたよ。
スコア無視のチャレンジ精神です。>確かにありますが、それよりももっと多く使う打ち方を
先に覚えたほうが良いと思います。>下手なやつ程現場で曲芸打ちを考える。 参考です。>無いよ。
だって、普通のアマチュアは、普通に打つのさえ難しいから練習してるのに、そんなトラブルになったら、普通に横や後ろにに出すなり、アンプレするなりした方がマシじゃね?>

暦は世界中が統一されているのでしょうか?

暦は世界中が統一されているのでしょうか?又、されているならどの様にしてされたのでしようか?よろしくお願い致します。

今多くの国で用いられている「グレゴリオ暦」は、1582年にローマ教皇グレゴリウス13世がユリウス暦を改良して制定した暦法です。
カトリックの国から徐々に広まり、日本でも明治時代に取り入れられました。
でもすべての国で統一的に使われているわけではなく、日本でも必要に応じて「旧暦」が使われることもあります。

下記のホームページを参照下さい。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9A%A6

【補足】
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1216856401…>統一されていません。

西暦の他に、イスラム暦が有名です。
他にも、インドで使われているシャカ暦というのもあります。AD78年を元年とするもので、お釈迦様とは関係ないらしいです。>しているようでしていない、日本と中国は今でも旧暦といっている
イスラムなどは独自の暦を持ってるし。>元々、暦はそれぞれの国や地域によって違いましたが、現在ではほぼ全世界で同じ暦を使っていると思います。現在の暦のもとはローマ時代に作られ、キリスト教と共にヨーロッパ中に広まりました。その後、ヨーロッパの国々が世界中に植民地を作り、世界に広まりました。日本では、明治時代にそれまでの暦から現在の暦に改められました。>

二十四節気のページを見ていると「暦便覧」からの引用がありますが、

二十四節気のページを見ていると「暦便覧」からの引用がありますが、どんなに調べても”暦便覧”自体について書いてあるところがなくて、それが何なのかわかりかねています。
便覧だけだと、「ある事柄の全体が簡単にわかるように作った書物。
ハンド-ブック」と広辞苑に書いてあります。
そうなると、暦の書物ということになりますが、では、暦の書物とは何でしょう?たとえば、二十四節気で大暑といえば、暦便覧「暑気いたりつまりたるゆえんなれば也」と書いてあります。
この暦便覧の出所というか、いったい何なのか、教えてください。
よろしくお願いいたします。

質問者の見た「二十四節気のページ」というのが何なのか不明なので、確実ではありませんが、二十四節気に関する「暦便覧」ということであれば、江戸時代の本のことでしょう。
国立国会図書館に蔵書されています。
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000007293578-00—-以下引用タイトル こよみ便覧著者 太玄斎出版地(国名コード) JP出版地 江戸出版社 蔦屋重三郎[ほか1名]大きさ、容量等 1冊 ; 23cm注記 白井文庫注記 装丁 : 和装別タイトル 歳時暦便覧別タイトル 暦便覧出版年月日等 天明7—-引用終わり古い本なので、借りてきて手に取って読むことはできないですね。
そこで、国立国会図書館では画像化してインターネットに公開しています。
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/25366377コマ目に二十四節気について記載されています。
大暑についても、質問のように書いてあるようです。
(楷書ではなく、くずし字で書かれていて、私には全部は読めません)

プロの将棋の対局って例えば30代以上のベテランのプロが、藤井4段みたいな自分…

プロの将棋の対局って例えば30代以上のベテランのプロが、藤井4段みたいな自分の将棋暦の半分にも満たない年齢の人間に負けたりしますが、ベテランのプロは何十年も将棋に打ち込んできて、勝っても負けても感想戦をやって、次はもっといい将棋をやろうと思って勉強してきたわけですよね。
しかしそれが自分の将棋暦にほど遠く満たない年齢の中学生に負けたら、自分は何十年も何をやってきたのだろうと呆然とすると思うのですがそういう物じゃないのですか?

暦ではなく歴ですが、驚くことはありません。

すでに詰将棋選手権の実績を知っていたり棋譜での研究しているはずですので呆然はしないはずですよ。
名人を負かしたのですから誰が負けてもおかしくありません。>それは私も思わなくはないですが、将棋って打ってきて研究した歴より、判断力、直感力、集中力などが大事なようです。

それがピークになるのはなんと25歳前後くらいみたいです。
加藤九段みたいに70歳近くまで現役もいることを考えるとピークが早いですよね。

やはりそこらへんはもう天性の才能じゃないでしょうか。
羽生竜王も7冠独占したのは20代中盤くらいでしたしね。

藤井五段も歴はベテラン棋士よりだいぶ短いけど強いのは、才能だと思います。>そういう物であろうと思います。>藤井四段は特別ですが、一流のプロになる人は、10歳前後で相当な棋力があり、違和感はそんなにないと思います。>

人類の初期の頃は、暦がなかったと思います。
いつ頃から暦ができたのでしょうか?…

人類の初期の頃は、暦がなかったと思います。
いつ頃から暦ができたのでしょうか?又、その時に、一週間を7日と何故決めたのでしょうか?一週間が8日でなくてよかったと切に思います。
あるいは、一週間が6日であったらよかったのにとも思います。
一週間を7日というのは、人間をのんびりもさせず、過度の疲労にもさせないバランスのとれた間隔という気がしますが、7日にした根拠があったら知りたいものです。

古代エジプトにおいて、ナイル川の氾濫の時期に周期性があることに気づいたのが暦の始まりといわれている(シリウス暦)。
人類が農耕を行うようになると、適切な農作業の時期を知るのに暦は重要なものとなっていった。
まず昼夜の周期(地球の自転)が日となり、月の満ち欠けの周期が月に、季節の周期(地球の公転)が年となった。
このように暦法は天体運動の周期性に基づいていることから、その観測と周期性の研究が重要であり、これが天文学の基礎となった。
一方で、石器時代の35000年前に暦を創ったらしいとの意見もある。
紀元前3000年頃のシュメール文明では、季節が冬と夏の2つで、1か月29日か30日の12か月の比較的簡単な暦を作り上げたといわれている。
日本ではかつて太陰太陽暦が用いられていた。
元嘉暦から宣明暦までは中国暦を輸入して使った。
これを漢暦五伝という。
貞享暦から天保暦までは、日本人の手によって作られた暦法である。
中国の暦が日本に伝えられたのがいつであるか定かではないが、『日本書紀』には欽明天皇14年(553年)に百済に対し暦博士の来朝を要請し、翌年2月に来たとの記事があり、遅くとも6世紀には伝来していたと考えられる。
この頃の百済で施行されていた暦法は元嘉暦であるので、このときに伝来した暦も元嘉暦ではないかと推測される。
日本の暦は、江戸時代になると日本でも独自に天文暦学が発展し、明の大統暦や西洋天文学の研究、天体観測が盛んに行われた。
このような中で、渋川春海が最初の自国の暦法である貞享暦を作るのに成功した。
曜日は「バビロニア」生まれ 古代の人々は、7つの惑星(水・金・火・木・土星と月・太陽)が他の星々とは違う(星座の間を動き回るし、他の星より明るいし、あまり瞬かない)ことが知られており、それぞれの星を神格化して一種の信仰の対象としていました。
現在の占星術のルーツになったというバビロニア文明を築いたカルデア人もその例に漏れず、それぞれに神をあてはめて考えていました。
http://koyomi8.com/reki_doc/doc_0001.htm

「農耕」の発達とともに、各地で暦が工夫されたというのが定説ですが、いつ・誰が・どのようにして、となるとはっきりはしません。日本の暦は中国から伝わったものだと思います。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E5%9B%BD%E6%9A%A6>

「暦物語」のアニメは円盤になるのでしょうか?

「暦物語」のアニメは円盤になるのでしょうか?

10分アニメでも円盤になってるのもありますし人気シリーズの暦物語は出ると思いますよ(たぶん)個人的にはぜひ出てほしいです。

出るとしたら、やっぱり結構先になりますか?>普通に考えれば出ると思うが…アプリ専用コンテンツとして出さないって判断もありうるのだろうか。>

暦が変わる時って、天皇が変わるときですか?

暦が変わる時って、天皇が変わるときですか?

天皇が変わるときに関係するのは年号です。
(平成、昭和、明治、大正など…)暦は昔の一月二月の数え方ですね

日本の場合、天皇が変わった場合に暦が変わります例 昭和→平成>無関係です。
変わるのは元号であって、暦では有りません。>

先ほど暦物語12話を見たのですが…

先ほど暦物語12話を見たのですが…アララギ暦はこのまま死ぬのですか?だとすると、物語シリーズ自体幕を閉じるということになるのでしょうか…まあもちろんそんなことはないでしょうけどw原作を読んでいないので気になります。
ネタバレで構いませんので、わかる方教えてください。
お願いします。
m(_ _)m

そうなってしまうと「花物語」で何故暦が生きているのかという矛盾が応じるのですが。

花物語なんてあるんですか?
最近ようやく偽物語を見終わったど素人でしてm(_ _)m>死にますよ終物語(下)で本編は終わりなんですから正確には吸血鬼の部分を殺して人間に戻すんですけどね終物語(下)で生き返ります>

暦物語の最終話そのすぐあとになる終物語の下はいつアニメ化するんでしょうか。

暦物語の最終話そのすぐあとになる終物語の下はいつアニメ化するんでしょうか。

傷物語が映画でやり始めたから少し後になるのではと予想してます。

公式発表はされていませんし、されているなら検索をかければ済むことです。

以降は推測になりますが、傷物語の劇場三部作を終えた後に放送されるのではないかと踏んでいます。

結局のところは正式な発表を待つ他ありません。>たぶん傷物語の公開が終わってからでしょうね。>

カテゴリー: