日本の暦の歴史を教えて下さい暦

メソポタミアではなぜ太陰暦を使っていたのですか?

メソポタミアではなぜ太陰暦を使っていたのですか?

農耕文明が最初に根付いたため、比較的短い周期で暦を知ることが耕作に有利だったからとされます。
7日(太陰暦の約四分の一月)を一週間にする習慣も、彼らに遡るそうなあと、農耕という事は定住ですから、位置を知るのに適している星座は重要視されず、やっぱり月が大切、となります。
エジプトの方だとシリウスを農耕暦の参考にしていましたがこちらは、ナイル川が上流の雨季によって洪水を年ごとに起こしていたので、ぴったり年単位で発生する事象を知るのにはシリウスを使った太陽暦の方が都合がよかったようです。

実は太陽暦の方が原始的です。

太陽暦は冬至を観測すれば一年が観測できるというもので、比較的文明程度の低い地域や時代で用いられていました。

農耕文明の発展とともに、月単位での短い期間の月日を図ることが求められたため太陰暦を使っていました。>

ロシアのお正月ってなんの暦ですか?

ロシアのお正月ってなんの暦ですか?来年のお正月は新暦の何月何日ですか?

正月とは、新年のことですよね?我々と同じくグレゴリオ暦ですよ。
従って回答としては、新暦の1月1日になります。

ありがとうございます
中国のお正月と韓国のお正月は同じ日ですか?>

教えて下さい!

教えて下さい!「日を読む暦」とは何でしょうか。
ご存知の方宜しくお願いします!

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/ストーンヘンジ日で暦が読めるようになっている

物語シリーズの主人公阿良々木暦の家を実現させることは可能ですか?

物語シリーズの主人公阿良々木暦の家を実現させることは可能ですか?

まず、巨大なスタジオを用意してください。
外観は町並みごと大ホールに作ります。
内部構造は小スタジオに暦の部屋、妹たちの部屋、リビング、洗面所、風呂をセットすればOKです。
まず、巨大なスタジオを用意してください。
(大事なことなので2度書きました)

まぁ、無理ですね…。

けれど、原作はふつうの大きさなんですよね…。>1つの建物として作るのは,不可能です。
外観と部屋の大きさがアンバランスで,外観の3倍くらいの大きさが無いと、全ての部屋が作れません。
特に浴室は、銭湯の半分くらいの大きさが有りますからね。>

現代人の暦という書物 40年ぐらい前の本です。
翻訳本 教えてください。

現代人の暦という書物 40年ぐらい前の本です。
翻訳本 教えてください。

自然科学の本で、イラストがある本のようです。
「現代人の暦」D.C.ピーティ∥著 リンド・ワード∥画 丘英通,今永要∥共訳

物語シリーズ

物語シリーズ戦場ヶ原ひたぎと阿良々木暦の関係は最後はどうなるんですか?恋人かどうかということです(原作)

最後は「花物語」です。
(時系列では)ちゃんと恋人同士ですよ。
まだ未アニメ化の「終物語」第6話ひたぎランデブーでは、暦くんをびびらせる、あろ恐ろしい行為をひたぎさんがなされます。

まだ原作続いてるのでなんとも。>恋人同士のまま完結しますよ。>

睦月や如月といふのは太陰暦で使ふ、月の表し方ですよね。

睦月や如月といふのは太陰暦で使ふ、月の表し方ですよね。
では、現代に使つてゐる太陽暦でこの呼び名を使用するのはおかしいのですか?

太陰暦でも太陽暦でも、1月は睦月ーーー12月は師走。
兎に角、そいうことだ、

確か、睦月から師走までは太陰暦の為に付けられた名だと聞いたことがありますが。>

仕事がうまくいきません。
転職暦があります。

仕事がうまくいきません。
転職暦があります。
今回は転職して4ヶ月目の職場です。
最初は、頑張るぞ!と思い多少の人間関係も深く捉えず当たり障りのないようにしていますし、新人だから覚えることもいっぱいあるので人一倍努力しているつもりです。
上司の方からは、たいてい、がんばっているね、と褒められます。
しかし、本当に、文字通り急に仕事に行けなくなるのです。
今回で2回目です。
例えば今回は、仕事休みの日に友人とご飯に行ってきました。
次の日普通に仕事があるのですが、帰宅後、絶対に行きたくない!行けない!無理!と家族に大声を出してしまいました。
なんで急にこんな風になるんだろうと大泣きし、一睡もできなかったため電話で当日欠勤、そして体調不良ということで1週間休みをいただきました。
ちなみに前回もこんな感じになり、数日休みをいただいたあと職場の方のはからいで職場に顔を出すことなく退職してしまいました。
一度休みをいただいてしまうと、次、職場に行けないんです。
職場の方々が気にしないよ、と言ってくれても、私は気にしてしまいますし、誰も思ってなくても「シフトに穴をあけやがったな、お前は迷惑をかけた、来るな」と思ってしまうんです。
人の目が異様に気になるし、精神的に弱いやつと思われながら過ごすことが怖くて仕方ないです。
欠勤の電話を入れた後、かかりつけの内科に行きました。
その旨を伝えると抗不安剤と眠剤、心療内科の紹介状をいただきました。
心療内科は予約が取れたのが数日後なのでまだ行ってません。
今は家で何をするでもなく過ごしています。
当方20代なのですが、高校?大学?あたりでいじめが原因で心療内科やスクールカウンセラーにかかっており、パニック障害、適応障害、不安性障害など診断名がつきました。
でも、通院を続けていると統合失調症になりかけてるのかもしれない、と言われ、絶対にそんなことはない!と感じて通院を辞めてしまった過去があります。
薬も飲みたくなくて怠薬気味でしたがなにも支障は感じませんでした。
ですので、心療内科に行くのが少し怖いです。
しかし、怖い反面、今回のことのようなことを繰り返したくない、もういい年なんだから、普通に行きたい、と思います。
でも、私は病的なものなのでしょうか?自分のことながら、ただの怠け癖のようにも思えてなりません。

風邪の人が、医者に言われても風邪じゃない!と言い切り会社に行く→ダルくなり仕事行きたくないのと一緒です。
仕事を続けたいのであれば、心の病気を治すことです。
薬も飲んでね。
真面目な人ほど心の病気になりやすいので、気にしすぎないで下さい。
誰しもなりえます

うーん。お医者様は病気だと仰った過去があるのであれば、そうなのかもしれません。
ただ昔は心の病に対して理解が低かったので、それこそ『甘え』『怠け癖』という言葉でまとめられていました。今はいろんな病名がありますね。

質問者様は、病気であると決められたくないのでしょうか。
それとも正確な病名を診断して欲しいのでしょうか。

ともあれ、社会人だれしも働きたくない瞬間があります。
私も月曜日の朝は、それはもう行きたくなくて電車止まらないかなとか、会社爆発しないかなとかうだうだ考えてます。
学生時代に1日休んだことがきっかけで行きにくくなり中退してしまった経験があり、バイトも遅刻してしまいクビになったこともあります。
恐らくですが、その時の精神状態は正常ではなかったので、病院に行っていたらそれっぽい病名はいただけたと思います。
そもそも病気だと捉えていなかったので、受診を考えたことすらありませんでした。
後になって、心理学科の友人に当時の私の話を聞いたところ、精神病のけはあったそうです。

しかし、今現在私は紆余曲折はありましたが、一応正社員として数年同じ会社で働き続けることに成功しています。

遅刻したり休んでしまった後の出勤って本当に怖いですよね。
嫌な汗はだらだら出てくるのに、寒いというかふるえてしまうし、何より周りの目が怖い!皆に幻滅されたと思ってしまうものです。
でも、そこで歯を食いしばってでも耐えると、案外普通に生活できるんです。

結構の人が、嫌々出勤してると思います。
宝くじ1等当たったら仕事を辞めるって人多いですし笑

何が楽しくて働くのかを考えたこともありますが、強いて言えば社会人になれてる自分に酔うためですかね。私の場合。
国をよくしたい!とか世界の人を救いたい!なんて大それた立派な理由なんてありません。

質問者様の精神状態が『怠け癖』なのか『病気』なのかは、私には判断しかねます。
まだお若いですし、いくらでも持ち上がるチャンスはありますから、休めるときに休んで休み疲れてからでも遅くないと思いますよ。

人生なんとかなるもんです。>パニック障害ですか?ちょっと難しいですよね!私もうつ病に成り掛けた経験が有ります精神的に不安定なんですかね?思いきって精神科に行かれませんか落ち着くと思いますよ!>とりあえず、お医者さんの指示を守ってみれば?
回復を宣言されるまでやってみて、その先は自己責任てことでいいんじゃない。>

暦の大安とか仏滅とか友引などなど、これはどのようなサイクルで回ってくるのでし…

暦の大安とか仏滅とか友引などなど、これはどのようなサイクルで回ってくるのでしょうか???よろしくお願いします。

>暦の大安とか仏滅とか友引などなど■六曜(ろくよう)の順番1:先勝(せんかち、せんしょう、さきかち)2:友引(ともびき、ゆういん)3:先負(せんまけ、せんぷ、せんぶ、さきまけ)4:仏滅(ぶつめつ)5:大安(たいあん、だいあん)6:赤口(しゃっく、じゃっく、じゃっこう、しゃっこう、せきぐち)■六曜の配当法旧暦の日付に対して規則的に配当されます。
大の月(30日)は、ちょうど5巡します。
翌月1日は1つずれます。
小の月(29日)は、5巡に1日足りない。
翌月1日は2つずれます。
旧暦1月/7月: 先勝→友引→先負→仏滅→大安→赤口→(繰返し)旧暦2月/8月: 友引→先負→仏滅→大安→赤口→先勝→(繰返し)旧暦3月/9月: 先負→仏滅→大安→赤口→先勝→友引→(繰返し)旧暦4月/10月: 仏滅→大安→赤口→先勝→友引→先負→(繰返し)旧暦5月/11月: 大安→赤口→先勝→友引→先負→仏滅→(繰返し)旧暦6月/12月: 赤口→先勝→友引→先負→仏滅→大安→(繰返し)たとえば、旧暦1月1日(新月)は必ず先勝です。
旧暦8月15日(満月:中秋の名月)は必ず「仏滅」です。
吉凶が6種類で規則的に循環するなら、占う必要もありません。

「大安など」を「六曜」といいます。
日曜日、月曜日…といった良く使われる曜日同様に、ただし6種類しかありませんが、順番に循環します。先勝・友引・先負・仏滅・大安・赤口の順番で繰り返します。
起源については諸説ありますが、中国発祥とされており、日本で使うようになったのは鎌倉時代頃です。

曜日なら、ある月の月末が「火曜日」なら、翌月1日は「水曜日」になりますよね。
日曜日等の曜日と違うのは、毎月1日(※旧暦ベース)でリセットされるため、六曜だけ見ていくと途中で途切れたりしている形となります。判りにくいのですが、1・7月は先勝始まり、2・8月は友引始まり…となっていきます(次の日からは、上記の順番通りに続きます。>

日本の暦の歴史を教えて下さい

日本の暦の歴史を教えて下さい

神代の頃は「日読み」「月読み」「星読み」を同時にしていた「日知り」がコヨミを作り、古墳時代もそれで方角を計って造っていました。
歴史家の名を騙る人たちは「昔は渡来するまで日本に暦がなかった」と公言して来たのですが、暦法がなければ祭りも徴税も不可能であったのです。
当時は太陽暦でしたが天文地理方位を記したので数字を使わなかった。
所が持統天皇12年にシナから太陰太陽暦が渡来して数字を使うこの暦法を仏教暦として或いは農事暦として利用するようになった。
以来10回近く改暦を繰り返す事となりました。
先の「日読み」なら一切改暦は無用だったのに・・・・

>日本の暦の歴史を教えて下さい

■ 有史以前
・自然暦
「魏略曰其俗不知正歳四節但計春耕秋収為年紀」
(魏略に曰く、その俗正歳四節を知らず、ただ春耕秋収をはかり年紀となす)

■ 中国で編纂した太陰太陽暦を導入
・元嘉暦(何承天) — 692年(持統六年) ——- 5年間
・儀鳳暦(李淳風) — 697年(文武元年) —— 67年間
・大衍暦(僧一行) — 764年(天平宝字八年) — 94年間
・五紀暦(郭献之) — 858年(天安二年) ——- 4年間
・宣明暦(除昂) —- 862年(貞観四年) —– 823年間

■ 日本で独自に編纂した太陰太陽暦
・貞享暦(保井春海) — 1685年(貞享二年) — 70年間
・宝暦暦(安倍泰邦) — 1755年(宝暦五年) — 43年間
・寛政暦(高橋至時) — 1798年(寛政十年) — 46年間
・天保暦(渋川景佑) — 1844年(弘化元年) — 29年間

■ 欧米の太陽暦を導入
・グレゴリオ暦 ——- 1873年(明治六年) — 現在に至る>

カテゴリー: